--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-24

ローストポーク

今日の夕食は、ローストポーク。

NZでは皮つきのポークが手に入りますから、おいしいクラッキングが出来ます。
この皮のクラッキングが食べたいが為にローストポークをすると言ってもいいかも。
ポテトチップスのようにカリカリサクサクに仕上げます。
周りにあるのは、リンゴです。180度で1時間、170度に下げて30分焼きます。

Pork.jpg

焼く前にリンゴを大きく切って、ポークの下に敷いて一緒に焼くと、
これまた美味しいグレービーソースの出来上がりです。
端っこについたキャラメライズされた焦げ目も美味しさの一部ですから、
無駄にはしません。
多くの人は、粉末のインスタントグレービーソースを使ったり、
ワインをいれて煮詰めソースを作ったりしますが、
リンゴ&ポークだけで”うまみ”は充分に出ます。

Pork2.jpg

つまみに3年もののチェダーチーズとローズマリーのサブレを焼きました。
あとは簡単なサラダ。

Salad.jpg

ちりめんキャベツとポロねぎ、キャロットのバルサミック&ハニーのロースト、
ジャガイモのオリーブオイル焼きを添えました。
クラッキングは取り合い。ポークもしっとーーーり。どうしてこんなにしっとり出来るの?!と
よく聞かれますが、よく聞いてみると皆さん”レスティング”の時間が短すぎるのです。
オーブンから出してアルミホイルを被せて、この大きさで最低20分は休ませる、のがコツ。
肉汁がレスティングによって外に逃げず、肉に留まる、そして戻るんです。
これはビーフ、チキン、ラム全て同じ事がいえます。


Fine.jpg

残ればサンドイッチでも作ろうか、と思いましたが止まらず完食。
日本でも塊肉をよく見かけるようになりました。どうかお試しあれ。
スポンサーサイト

theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-06-21

GT3のアクセサリー

ポルシェGT3の助手席に装備の傘です。
GT2にも付いていますが、これが結構便利。
Kasa.jpg

そしてドライバーズシートにある消火器。
これは、出来れば使いたくない装備品です。
消火器を使うような時は、一刻も早く逃げませんとね。

Shioukaki.jpg


theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-06-18

またまたオイスター&台湾料理

また今日もオイスター&ヴーヴクリコ。
毎日食べても飽きません。
今日は先日とは違うレストランで、別ブランドのオイスターTioTintoを食しました。
オーダーしてから殻を開けてくれたので、牡蠣ジュースがたっぷり。うーーーー美味しい。
この後またもう一皿追加してしまいました。

Del.jpg

これだけではお腹がすいたままなので、台湾料理を食べようと、はしご。
頼んだ前菜のうちで一番!は牛肉をやわらかく煮て、それはまあさておき、
一緒に和えてあるこのトリッパの絶妙な味。うーーまたおいしものを見つけてしまった。
冷菜のホームラン!

Taiwan.jpg

本当は中国料理のお店のようですが、今日はこの台湾名物が目的。
薄切りの豚バラ肉と白菜の漬物の鍋。少し酸味のあるスープがじわーーーっと体に染入る感じ。
思わず、「あーーーーっつ」っと皆声を出してしまいます。


Tai.jpg

最近ポルシェの事を書いていないので、週末に更新できたら、と思います。

theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-06-15

シャンパン&オイスターで祝日本!

サッカー日本代表!よく頑張りました。(泣)
日本で見ていての喜びもさることながら、私達のような海外在住者にとっては
遠き故郷が錦を飾るのを見るのはひとしおです。

と、いうわけで、シャンパンで祝杯!行ったバーで会った人たちも
「日本は良く頑張った!!」と嬉しい掛け声。
Bluff and Vo

見てください、この素晴らしいフラットオイスター。
これは世界でも有名なブラフオイスターというNZ産の牡蠣。
NZ国内でも解禁の時期しか食する事ができず、珍重されています。


Bluf.jpg

一緒にサーブされた黒パン、オイスターに良く調和して、実に美味。
我が家おなじみのヴーヴクリコも加わって、美酒の今宵でした。
今日は、NZースロバキア戦。また寝不足の日々が続きます。

theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-06-07

オーストラリア&NZのおふくろの味。

NZ&オーストラリアのおふくろの味、Rissolesをつくりました。

ミートボールのようなものですが、表面にちょこっと細かく挽いたブレッドクラム(パン粉)を
つけて、少なめの油で焼き揚げます。

うまく作るコツは、「おおざっぱに。」です。
アレンジでチーズやガーキン(きゅうりのピクルス)などを入れて美味しくしようとすると、
あの味がでないそうです。

老若問わず、かあちゃんの味が大好きな男子は、「基本でやってよ!」という感じ。
今日はちょっと美味しく!なんてバジルやパセリなんかを混ぜようもんなら、
「えーーーーー!かーーぁーーーちゃん!」と不満の嵐。

付け合せもお洒落になんてしてはダメで、マッシュポテト、にんじんに冷凍のグリーンピースか
ブロッコリーと決まっています。
私の盛り付けたお皿は、モダンで×。もっとパンジーやバラ柄の古ーーーい
田舎っぽいお皿でないと満点は貰えません。(今度アンティークショップをのぞいてみましょう。)

Riso.jpg

そして、極めつけはこのコテコテのトマトの形の容器に入った、”トマトソース”。
NZに来た頃は、トマトソースと言うからには、イタリアのトマトソースと思って食べて
びっっっくりしました。今でもまだちょっとびっくりしています。
ケチャップでもない、なんとも例え難い、オセアニア流・・・。うーーーーん?
でも彼らには、フィッシュ&チップスもミートパイもこのトマトソースがないとダメなんです。
食文化・・・。尊重しようではありませんか!

Riso2.jpg

べジマイトとバターをトーストに塗って朝ごはん。
スポーツをたくさんして帰れば、かあちゃん自慢のRossolesが夕ご飯。
テーブルでは、皆にっこり幸せ。

残り物、として夜中に冷蔵庫からつまみ食いするであろう事を推定して、
たくさん作るのも鉄則。味が馴染んで、別物として美味しいのです。
オセアニアのB級グルメの一つ。
旅行で訪れる方は是非お試しあれ。期待を裏切らないおおざっぱな味です。
でもレストランのメニューに見たことがないなー、そういえば。




theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-06-06

黒毛和牛はやっぱり美味しい。

先日日本に帰省した時に食べた黒毛和牛。
あまり脂身が多いと肉の味がしないので、これくらいの霜降りが好きです。

NIKU.jpg

海外でも”Wagyu”,や”KOBEBeef”と広まってはきましたが、海外の料理番組を見ていると、
明らかに和牛ではないのに、ましてや神戸牛ではないのに、そういった扱い方をされているのには、
愕然とします。
そうは言っても、本家本元の日本でも国産=日本産=和牛と思っている方が多いようですから、
海外では「まーKobeでしょう。」と言うことなのでしょうか?

NZ産の牛肉もうまく熟成されたものは草食でも美味しいです。
が、黒毛和牛はやっぱりおいしーーーーい、ですね。


theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-06-01

我が家のポルシェTurboS

我が家のポルシェターボS。
1996年993ベース最後の空冷です。
ですから、ポルシェマニアの方々からは「はーーーー。」と、
じーーーーーっと見つめられます。
430Phが主流ですが、我が家のはオプションで450Phです。
993ターボSは、まさに究極の空冷最後のターボ。
GT2やGT3がレーシングバージョンのストリートモデルであるのに対し、
このターボSは公道を走るのにスリリングな911ではないでしょうか。






ポルシェに用があってこの車で行った時、セールスの人たちはそうでもないのですが
メカニックの人たちが全員出てきて、ベテランさんが若手さん達に
「これこそが、本物のポルシェぞ!いいかよーく見ておきなさい。」と言っていました。
ピッカピッカのエンジンをボロギレで更に磨いてくれました。Thanks!


GT2やGT3と違って、「キィーーーーン」という高い音を発します。
軽い?のかなー?飛んでいきそうです。
ターボSですから伸びがすこぶる良いのはもちろんですが、
この高音にうっとりしている数秒間に事故を起こしかねない甘く危険な車だと思います。

あっ!911だ!っぽいのもまた素敵ですね。



theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-05-31

リゾット&DUCATI 996R

パルミジャーノレッジャーノでリゾットを作りました。

リゾットは簡単、と言う人がいますがそうは思いません。
リゾ(米)ット(Ottimo,最高)というからには、心を込めて作らねばと思います。
丸鶏で澄み切ったブイヨンをとるだけでも、手間がかかりますが、美味しい物を食べるには
この行程は欠かせません。
良い材料を使うのはもちろんですが、レストランで食べると、”作り過ぎ”ている事が多いように思います。
これでもか!はダメです。ちょっと「抜く」とバランスが取れます。

アクセントにレモンゼストとルッコラを少し。美味しく出来ました。

LIso.jpg

友達がバイクをしばらく預かって欲しいと、爆音を立ててやってきました。
DUCATIはいつ見てもかっちょいい!足に伝わってくるエンジンの振動は車では体感出来ませんね。
この996Rモデルは、かのトロイ・ベイリスが乗っていましたね。
一般には、映画「マトリックス」で出て有名になりました。

IMG_0136.jpg
イタリア人はリゾットといい、バイクといい、いい物作りますね。
我ら日本人も世界に誇れるものはたくさんあって、イタリアに負けません。
NZという新しい国に移住して、歴史を持つ国々はなんと素晴らしいと思う今日この頃です。


IMG_0138.jpg

でもNZもイタリアもゆっくりです。スピードメータ↑が280kmまであったとしても、
「スピード出して遊ぶぞー」の時以外は、何をするのもゆっくり。
それでもまあまあ幸せなんです。


theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-05-28

我が家のポルシェGT2&GT3 

我が家のGT2とGT3。



見た目は似ていますが、エンジン音は全然違います。でも両方とも振動は感じません。

GT3は言うまでもなく超パワフルですが、GT2に乗るとポルシェの技術の素晴らしさを感じずにはいられません。
なんと言っても数ある911の中で公道を走れる最速の一台です。GT3に更なるターボがかかった感じでしょうか。

GT2のテール。



GT3のテール。





GT2は最高速度が329kmです。997ターボを50ps上回る530ps、630Nmのトルク。

ウエリントン空港の近くを走っていた時、飛行機が滑走路を飛び立つ速度よりも速いのですから、早いぞー、競争しよう!などと妄想を抱いたのが災いし、アクセルを3秒ふかしたら、スピード違反で捕まりました。(涙)おまわりさんも、ずっととばしていた訳でないのがわかったので、ニヤニヤして切符をくれました。
後で調べると、3.7秒で100km/hに達するそうです。これからは気をつけようと思いました。
ニュージーランドにもアウトバーンがあるといいのに・・・。

theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

2010-05-27

ハモン!!

先日日本に帰省した時に、姉が注文していたものが届いた。

ハモン。

ハムかたまり

ハモンを削いだ!
ハモン

ハモンは美味しい!ホントに美味い!

theme : ポルシェ 
genre : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。